抗菌 - デッドオアアライブ? > 시공현장사진

본문 바로가기


회원로그인

시공현장사진

抗菌 - デッドオアアライブ?

페이지 정보

작성자 Sherry 작성일23-10-31 17:45 조회3,251회 댓글0건

본문

なお、本明細書において「抗菌性(抗菌効果)」とは、カビや細菌等の微生物の発育・繁殖を防止する抗菌効果そのものに加えて、防カビ効果、抗カビ効果、そして防藻効果。 また、昨今のアルミサッシ等の普及による密室化やエアコンの普及による室内温度・室内湿度の維持など生活環境の変化により、繁殖に適した環境が整っています。微生物の。 また、抗菌性組成物を塗布又は含有した成形品を焼却処理する場合、ダイオキシン等の有害物質を発生しない薬品を使用する必要がある。これらの薬品は、抗菌剤組成物を調製する際や抗菌剤組成物を含む成形品を成形する際などの製造工程において、混合に使用する容器や成形品に使用する金型などの製造器具を腐食させないことが望ましい。

一部の細菌は病気を引き起こす可能性がありますが、一般的に細菌は実際には動物の体の重要な構成要素です. 抗菌消毒剤の一般的な成分であるトリクロサンを使用した研究では、細菌が結核の治療に使用される抗生物質イソニアジドに対する耐性を発達させる傾向があることが示されています. 図1に抗菌剤の開発と微生物の耐性獲得の歴史を示します。 銀(I)は細胞培養培地の成分に結合することが示されており、耐性を示すには塩化物の存在が必要です。本発明では、銀系抗菌剤としてジルコニウム若しくはその塩、又はゼオライトに銀を担持したものを用いているので、貴金属である銀は抗菌作用を発揮できる最小限の量で用いられているので、抗菌作用を発揮させることができる。無機系抗菌剤により効率的に抗菌作用が得られるとともに、有機系抗菌剤との抗菌作用の相乗効果が得られ、コストダウンが容易となる。 本発明では、無機抗菌剤として、イミダゾール系有機抗菌剤と相乗効果を発揮できる銀系抗菌剤及び酸化亜鉛の少なくとも1種を用いているため、顕著な抗菌性を得ることができる。

無機酸化物微粒子は、被処理物の分散性や表面色への影響を考慮して、平均粒子径が500nm以下に調整される。さらに、得られた抗菌加工剤には、必要に応じて撥水剤、帯電防止剤等の各種添加剤や、ノニオン系界面活性剤等の上記カチオン系軟化剤以外の軟化剤を含有させてもよい。エージェント、含まれている場合もあります。 主に水や空気の浄化に使用されます。 本発明の抗菌性組成物は、イミダゾール系有機抗菌剤および無機抗菌剤から選ばれる少なくとも2種を含むことが好ましい。 https://medications-jp.com/cholesterol また、抗菌組成物は、2種類のイミダゾール系有機抗菌剤単独と無機抗菌剤とを含む構成を有するものとして上記説明した。すなわち、2種類以上の薬剤を併用することにより、薬剤単独での使用に比べて抗菌スペクトルが広がる、MIC(最小阻止濃度)値(ppm)が低下するなどの相乗効果が得られる。 https://medications-jp.com/allergy 以上のように、本発明によれば、有機系抗菌剤としてピリジン系抗菌剤とベンズイミダゾール系抗菌剤とを併用することにより、微生物組成物の各成分を有する微生物に対して抗菌性を発揮することができる。影響はありません。

しかしながら、有機系抗菌剤をはじめとする従来の抗菌剤の多くは、抗菌効果の発現が遅く、限られた微生物に対してしか抗菌活性を発揮できない。以上のように、本発明によれば、金属、特にリン酸ジルコニウムもしくはその塩、または銀もしくは銅を担持したゼオライトをジルコニウムもしくはその塩またはゼオライトに担持することにより、抗菌性組成物が優れた安全性を有することになる。人体にすばやく抗菌効果を発揮し、抗菌性能の持続性に優れています。 本発明の抗菌性組成物は、無機微生物剤がジルコニウムもしくはその塩またはゼオライトに金属を担持したものであることが好ましく、抗菌剤がリン酸ジルコニウムまたはその塩に銀もしくは銅を担持したものであることが特に好ましい。. 本発明は、有機系抗菌剤と無機系抗菌剤とを含有する抗菌性組成物、該抗菌性組成物を含有する抗菌成形体、該抗菌性組成物を含有する溶液、洗浄剤、畳表、畳に関する。 次いで、得られたポリウレタン樹脂をバーコーターまたはナイフコーターを用いて離型紙上に塗布し、80℃で乾燥して、抗菌性組成物を0.5質量%含有する厚さ10μmのポリウレタンフィルムを作製した。medications-jp.com

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.


회사소개 개인정보취급방침 서비스이용약관 Copyright © fhoy.kr. All rights reserved.
상단으로

TEL. 031-544-6222 FAX. 031-544-6464 경기도 포천시 소흘읍 죽엽산로 86
대표:장금 사업자등록번호:107-46-99627 개인정보관리책임자:장금배

모바일 버전으로 보기